30代サラリーマンが後悔しない新築一戸建てを建てるためのブログ

新築購入体験談、DIY、家庭菜園など

住宅設備 新築

引き戸と開き戸はどちらが良い?

こんにちは。

室内ドアを引き戸にするか開き戸にするか悩んでいる方もいると思います。

家の中でもドアは、毎日何回も開け閉めがあり使用頻度が高いため、どちらのドアにするかしっかりと考えたほうがいいと思います。

ちなみに、我が家は引き戸と開き戸と両方がありますが、ほとんどが引き戸となっており、間取りで制限があるところだけ開き戸になってます。

引き戸と開き戸では、どのような機能面の差、また、どのようなメリット、デメリットがあるかを考えてみます。

引き戸

上の写真のようにスライドさせて開け閉めするドアが引き戸です。引き戸の中にも、下にレールがあるレールタイプ、上から吊ってる上吊りタイプ、ドアが柱の中に収納される戸袋タイプがあります。

メリット

開けた際の開放感

引き戸のメリットとしては、ドアを開けておくだけで開放感が生まれることがあります。

例えば、リビングと和室の間を2枚引き戸にしていた場合、引き戸を開けておくことで、2つの部屋がつながり開放感が生まれます。

また、きちんと仕切りたいときは、引き戸を閉めることで、それぞれの部屋を仕切ることができます。

開き戸ですと、扉を開けたままにしても、開放感はありませんし、扉を開けておくことで、扉のスペース分、狭く感じます。

我が家では、リビング階段の入口にも引き戸をつける予定です。普段は開けておくことで、開放感があり、エアコンを使う際は、引き戸を閉めることで、断熱効果を高くしようと考えてます。

ドアの間口の広さ

回遊性のある間取りでも引き戸のほうが使い勝手が良いと思います。

回遊性にするということは、そこは日常でよく通る場所だと思いますので、開き戸の場合、開けたときにドアの厚みで間口が狭くなるため邪魔になります。

引き戸の場合は、開けた状態にすれば、ドアは邪魔にならないので、ストレスなく通ることができます。

長い将来のことを考えると、介護の面でも引き戸のほうが良いと思います。

ドアを開けたとき、引き戸の方が開口を大きく取りやすいですので、車椅子や手押し車が必要となった際には引き戸のほうが断然良いです。

安全性

最近の引き戸は、閉める際に、最後のほうはゆっくりと閉まる機能がありますので、指を挟む危険性が少ないです。

特に、小さい子供がいる家庭では引き戸のほうが安全性が高いと思います。

デメリット

使えない壁面がある

引き戸の大きなデメリットとしては、ドアを引き込む壁面が使えなくなることです。

リビングでしたら、スイッチやコンセントの取り付けができない他、棚なども扉にあたってしまうので、壁につけて置くことがでぎせん。

また、トイレでしたら、ペーパーホルダーやタオルかけも引き戸側に付けることができないので、取り付ける場所が限られてしまいます。

気密性が悪くなる

引き戸にすると、開き戸よりも気密性が悪くなります。

特に上吊り戸の場合ですと、下に隙間がありますので、冬場などは下から冷気が入ってくることもあると思います。

気密性が悪いことで、音漏れなんかもあるかもしれません。

我が家は、将来、子供が音漏れを気にしないように、子供部屋は開き戸にする予定です。

間取りの制限

引き戸にする場合、ドアを引き込むスペースが必要になります。間取りによっては、引き戸をつけれないこともありますので、引き戸にしたい場合は、それぞれの部屋の向きなども考える必要があります。

我が家はトイレを開き戸から、引き戸にするために、トイレの向きを変えたりしました。

コスト

価格面でも引き戸がデメリットになる場合があります。

我が家のハウスメーカーでは、標準で開き戸、引き戸のどちらも選べますが、価格としては引き戸のほうが高いので、ハウスメーカーによっては、引き戸にすることで金額が上がることもあります。

開き戸

取手があり、手前に引く、もしくは奥に押して開けるドアです。扉が1つのものは片開き戸といいます。

メリット

気密性が高い

開き戸のメリットとして、気密性が高いという点があります。

気密性が良いので、エアコンの効率なんかは開き戸の方が良いと思います。

特に冬場は冷気が下から入ってきますので、上吊りの引き戸の場合と比べると、すきま風が少なくなるんじゃないかなと思います。

また、開き戸のほうが音漏れが少ないので、将来、プライバシーを気にする子供の部屋とかは開き戸のほうが良いかなと個人的には思います。

壁面が使える

引き戸と違い、ドアが引き込まれる面がないので、壁面にスイッチなどを取り付けることができます。

ただし、開き戸を開けると、隠れる壁があるので、そっち側にスイッチ類を取り付けると使いづらくなってしまいます。

デメリット

家具や人にあたる可能性

開き戸は引き戸と違って、部屋の内側、もしくは外側に開きますので、近くに家具を置いていた場合には、ドアが家具に当たる可能性があります。

また、奥に開けるドアの場合、ドアの向こうに人がいるのに気づかずに開けた場合、人に当たってしまいます。

小さい子供に当てて怪我をさせてしまう恐れがあります。

安全性

引き戸に比べると、ドアに指を挟んでしまう危険性があります。

小さい子供がいる家庭では、指を挟む事故が多いらしいので、気を付ける必要があります。

ドアの干渉

間取り作成の段階で注意が必要ですが、開き戸の場合、ドアが開け閉めする奥行きが必要ですので、間取りによっては、ドア同士が干渉する可能性があります。

私の先輩の家は、建てたあとに部屋の入口のドアと収納のドアが干渉することが分かったため、収納のドアをはずしたとのことです。

スイッチ類が隠れる

開き戸の近くにスイッチ類を取り付けていた場合、開き戸を開けっぱなしにした時に、スイッチ類が隠れる可能性があります。

これについては、隠れる位置にスイッチ類がないか、間取り作成時にきちんと確認しましょう。

さいごに

メリットとデメリットを総合的に考えると、基本的には引き戸にするのが良いかなと考えます。

また、間取り的に引き戸では難しいところ、音漏れを気にする子供部屋などは開き戸でも良いかなと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

このブログが、これから新築を検討される方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

関連記事