30代サラリーマンが後悔しない新築一戸建てを建てるためのブログ

新築購入体験談、DIY、家庭菜園など

住宅設備 新築

トイレの選び方! 何を基準にして選ぶ?

こんにちは。

トイレって毎日何回も使用するところですので、使い勝手の良いものにしたいですよね。

座り心地、タンクありなしなどの見た目や大きさ、掃除のしやすさ、汚れにくさなど、決める際の優先順位は人それぞれだと思います。

もちろんどのメーカーにするかで悩んでいる方もいると思います。

我が家は、以前にも書きましたが、LIXILでそろえるといろんなところがグレードアップするキャンペーンがあったので、LIXILにしました。

トイレもグレードアップの対象で、2階のトイレがシャワー付きに変更になります。

ただし、1階のトイレが標準のだと嫌な点があったので、違う製品に変えてます。(詳細は下に書いてます。)

我が家はLIXILの中からしか選んでないので、メーカー別ではなく、トイレの機能について比較します。

タンクありなしの比較

タンク付きトイレのメリット

低価格

タンクレスのトイレに比べると低価格です。トイレにこだわりがないのであれば、タンク付きにすることで費用を抑えることができます。

水圧が関係ない

タンクに溜めている水で流すため、水道水圧が関係ありません。

一戸建ての場合、2階のトイレは水圧が弱くなりますが、タンク付きであれば、問題なく流すことができます。

我が家も2階のトイレはタンク付きの『ベーシアシャワートイレ』の予定です。

停電時でも使える

タンクに溜めてある水を流すだけで、電気を使わないので、停電時でも使用できます。

手洗い器としても使える

タンクに水が流れるところを手洗い器として使用すれば、新しく手洗い器を設置する必要がありません。

ただし、我が家はタンクの上の手洗い器だと使いづらいので、個別で手洗い器をつける予定です。

今のマンションでもタンク上の手洗い器を使ってないので、これからも使わないと思いました。

タンク付きトイレのデメリット

スペースが狭くなる

タンクがある分トイレが大きくなりますので、トイレの空きスペースがわずかに狭くなります。

タンクに水が溜まるまで待つ必要がある

1回では流せなかった場合、タンクに水が溜まるまで待たないと水圧が弱くなってしまいます。

ただ水が溜まるのを待つというのも嫌ですよね。

見た目がダサい

タンクレスと比べると、どうしてもダサく見えてしまいます。

2階でしたら、お客さんが使うこともないと思うので、タンク付きでも問題ないかなと我が家は考えました。

タンクレストイレのメリット

連続で流せる

タンクに水を溜めず、水道管に直結しているため、連続で水を流すことができます。

節水できる

タンクに水を溜めず、1回で使用する水の量が少ないので、節水効果があります。

見た目がスッキリしている

タンクがない分、トイレが小さくなるため、空間が広く感じます。

また、デザイン的にもタンクレスのほうが良いので、お客さんが使う1階のトイレはタンクレスのほうが、キレイなトイレだなと思ってもらえるかもしれません。

掃除がしやすい

タンクレストイレはサイズが小さいので、奥の方まで手か届き、掃除がしやすいと思います。

また、トイレが小さい分、掃除をする面積も少なくなります。

フチありなしの比較

フチなしトイレのメリット

LIXILの最近のトイレはフチレス形状といって、フチがない製品が多くなってます。

フチが裏側がないことで、掃除が楽になるというメリットがあります。

フチなしトイレのデメリット

フチがないため、尿はねが便座裏につきやすいというデメリットがあります。

トイレを使うたびに掃除する人なら良いと思いますが、数日放置しただけでも、便座裏の汚れが落ちにくくなるようです。

我が家の1階のトイレは標準だとフチなしのトイレでしたが、ずぼらな我が家は数日ごとにしかトイレ掃除をしないため、フチありトイレに変更しました。

2階はフチなしですが、使用頻度が少なくなると思いますので、2階は我慢して掃除しようと考えてます。

フチありトイレのメリット

フチがあることで、便座裏に尿はねがつきにくいため、便座裏が汚れにくくなります。

フチありトイレのデメリット

フチがあるため、フチの裏側が掃除しにくくなります。

また、LIXILのタンクレストイレの場合、フチありの製品は価格の高いものしかないため、フチありにするとコストアップになります。

ちなみに、サティスSタイプという製品です。

ただし、気になる点が…

なんと、2019年6月のリニューアルでサティスSタイプもフチなしになってしまってます。

ハウスメーカーさんには、前の品番の在庫があるか確認してもらっているところです。

フチありになったら、トイレをグレードアップする意味がなくなる…

2階のトイレもフチありにしたかったのですが、予算の都合で、フチなしで我慢することにしました。

さいごに

トイレは毎日何回も使用する場所ですので、きちんと考えて選んだほうが良いと思います。

特にフチありなしについては、汚れ方や掃除の頻度に関わってきますので、自分たちの生活をシミュレーションしてみてください。

私的には、フチのありなしは、頻繁に掃除するのが苦か、苦じゃないかで考えてみると良いかもしれません。

このブログが、これから新築を検討される方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

関連記事